まわりみちしながら進む

30歳・男・教育関係勤務がダラダラ書くやつ

ブログ統合します

ずっとブログを2つ運用してきましたが、うまく使い分けできていなかったのでまとめます。

 

もう一つは非公開グループのブログなのですが、単独では公開しているので見れるかと思います。

 

イキイキすることと『学び合い』 - 『学び合い』

 

どうぞよろしくお願い致します。

10/14 K先生授業参観記録

単元『学び合い』、時間は3時間分。参観は2時間目。
単元の学習目標

1 古典の物語を、読み手を意識して適切な表現の仕方を考えながら、現代の物語に置き換える。

2 古典の物語文学を、人物・情景・心情などの表現に即して読み味わう。

3 古典の物語文学を、和歌の果たす役割に着目しながら、表現に即して読み味わう。

単元の課題

1 本文中の用言(動詞・形容詞・形容動詞)の活用の種類、活用形が判別できる。

2 本文中の助動詞を、その接続・活用形に注意して判別できる。

3 接続動詞「ば」、係結びの法則などを見つけることができる。

4 123の事項に注意して、適切な表現の仕方を考えながら現代語訳できる。

5 和歌の修辞について適切にまとめ、現代語訳(解釈)ができる。

6 和歌と、それに関わるエピソードの関連について説明できる。

 

授業前に振り返りシートが生徒の手によって各個人へと返却される。

時間通りに授業開始。

授業冒頭に全員で教科書群読。

全員が、驚くほどの声量で読み上げる。

最後まで時間がかかった生徒も、自分のペースでしっかり読み上げる。

正直異様な光景だった。

声を出すことの恥ずかしさはそこには全くなく、一人一人の個性が尊重されていた。

まさに学びの場として、安心安全な環境があった。

なぜこんなに雰囲気が良いのだろうか?

理由を考えてみた。

1 男子校だから(異性がいない)

2 声を出すことは、新入生の校歌練習や応援練習で徹底されている

3 高校の文化として個性が尊重されている

あたりではなかろうか。

学び合い』を実践するにあたって、安心安全な場を整備する役割を教員は担う。

この点、共通するものや活かせることはないか考えていきたい。

 

学習は、誰一人も手を抜くことなくモリモリ(この表現が一番しっくりくる)学んでいた。

多様な生徒集団の中で、生徒一人ひとりが各々の方法で学んでいた。

これも安心安全な場ができているからこそだと感じる。

 

K先生は机間巡視をしながら、個別で生徒のフォローをした。

また状況を見ながら、教科として補足事項を板書したり、声がけしたりしていた。

 

生徒がしっかりと学びに向かえているからこそ、先生の一挙手一投足に生徒は意識を向けているように見えた。

そのことはメリットにもデメリットにもなり得る。

先生からの発言によって、会話が中断されたことが2回ほどあった。

 

1回目の中断の後、生徒は課題を解決するためにより工夫して動くようになった。

2回目は大きく動きは変わらずだった。

 

生徒の学びが促進されていれば、見取りも声かけも機能している。

そうでなければ、学びを邪魔している可能性がある。

参観してみているからこそわかることで、自分の授業を振り返ると学びを阻害していることが容易に想像出来る。

これも改善点として活かせる。

 

参観して、K先生の授業は学習の個別化・協働化が高いレベルで行われていると感じた。

ただ、学びを全体に紡ぐというか、集団としてという意識はそこまで強くないように感じた。

これは学校の文化から来ているようだ。

個々の学びのレベルが高いからこそ、もし一人も見捨てないという文化が生徒の中で醸成されたら、すんごいことになると思う。

可能性が果てしなく高い生徒たちの姿を見たし、そういう場を作るK先生の技量の高さに羨ましく思った。

 

今日はありがとうございました。

10/13授業

1時間目 地理B「農業」農業の分布②

目標:全員が農業の展開について、自分の言葉で説明できる。

41人中0人達成

 

学び合い』にストレスを感じている生徒がいるクラス。

面談を行った後、初回の授業である。

授業内容がわからないことに不安を感じている様子であったので、もう一度見通しを持たせるために概要説明。

前日にポストした語りをこのクラスでも行う。

やはりシンプルな語りは2割に伝わっている気がする。

が動きは鈍い。

2時間扱いの課題の2時間目のため、前回の出だしの悪さを引きずっているのだと思う。



安心して学んでもらうために、「困ったら先生に聞いても大丈夫」ということを伝えた。

2人の生徒から教えて欲しいと言われたので、その内容を全体にフィードバック。

 

肝心の心配している生徒も質問をした。

わからないことをそのままにしようとしない姿勢が良かった。

 

そして時間切れ。

よく学んでいたと思うが、振り返りシートにはよくわからなかったというコメントが多い。

ゆえに関わりも生まれにくかったのだろう。

このクラスには課題のレベルを落とす必要があるのかもしれない。

 

クラスの闇も、教師の不出来も表面化し、しんどいところだ。

 

4時間目 地理B「農業」農業の分布②

目標:全員が農業の展開について、自分の言葉で説明できる。

40人中1人達成

 

マグネットは一人だけの移動だったが、驚くほど全員が集中して学んでいた。

その一人は予習してきたのだろう。

1時間、ずっと集団の渡り鳥として教えていた。

 

このクラスは1学期はもりもり学んでいたのだけど、途中いろんなことがあったようで停滞していた。

それが打破されたような感触を抱いた。

このきっかけはやはり語りの仕直しにあると考える。

 

そもそも授業には2つの目標がある。

学習目標と、行動目標だ。

行動目標は一人も見捨てないのことを指す。

 

集団づくりと学習指導を両輪で行うのが『学び合い』だが、語りが甘かったり教員の姿勢にブレがあると学習目標だけが意識される。

 

今回の鈴木智久先生の動画からの学びは大きかった。



5時間目 地理B「農業」現代農業の課題

目標:現代農業の課題について、自分の言葉で説明できる。

40人中34人達成

 

冒頭、クラスの闇を見た。

曖昧にしてはいけない闇だった。

雰囲気を察し、再度語り直した。

 

冒頭の混乱を乗り越え、驚くほどもりもり学んでいた。

特に嬉しかったのが孤立傾向の子がマグネットを動かせたこと。

それも普段関わらない生徒がそっと教えてあげていた。

 

感動した、とちゃんと最後には伝えた。

 

こういうことを見取ることで学びの潤滑油になるのだろう。



さあ中間考査

いつも通りの問題を、いつも通りに料理してもらおう。10

10/11授業

《3時間目 地理B「農業」農業の分布①》

課題:農業の分布について、自分の言葉で説明できる。

40人中5人がマグネットを移動。

しかしこれは2時間構成の1時間目。

予想外の早さに驚く。

朝に三芳町立唐沢小学校の鈴木智久先生の動画を拝見した。

小学校2年生の実践だった。

それゆえ、語りや声かけがシンプルだった。

大人になるとはどういうことか

困っている人を助けられること

困っている時に助けを求めること

目標に向かって全員で取り組むことができること

ガツンときた。

本質を再確認できた。

冒頭の語りでは、同じように語った。

シンプルゆえに2割に伝わった実感がある。

 

学びが始まってからはガンガン学ぶ。

どんどん教える。

「わからーん」という声が飛び、

「わからないと言えるのは大事だ」

と声かけをする。

セオリー通りに生徒が教えにくる。



だから1時間目に5人も終わったのだろう。

このクラスは次の時間が楽しみである。

 

『学び合い』の理論は出来上がっている。

だからこそ実践をシンプルに行えば、セオリー通りに結果が返ってくる。

当たり前のことを今更ながら感じた。

10/11振り返り

《1時間目 地理B「農業」農業の分布②》

課題:農業の分布について、自分の言葉で説明できる。

40人中18人がマグネットを移動。

男子と女子が水と油のように分かれて学習を行っていた。

さらに男子は男子、女子は女子の中で細かく分裂していた。

 

男子の終わったグループは、他の男子グループに関わっているようだったが、途中で学習活動が停滞。

女子の終わったグループは自然鎮火。他の生徒に関わることなくおしゃべり…

 

学習を引っ張る層の活動量も少なく終わってしまった。



そんなこんなを考えていたら、人間関係が再構成されている最中であることが判明。

人間は関係性の生き物とは言われますが、その通りだなと感じます。

同時に生徒の学びはいろんな影響を受けてしまうのだなと、難しさを痛感しました。

 

全員達成という課題は常に要求しつつ、教科の課題は自ら掴みに行く、そんなデザインはどうしたら作れるのだろう…

こういう時の声かけや環境作りも再考せねば。

なんにせよ、クラス集団が再構成されているのが今だということを認識。



《3時間目 日本の文化(3年選択日本史)「日清戦争から日露戦争」》

内容:生徒作問を解く

以前生徒に課題として与えた作問を解く時間でした。

3年生なのでだれてしまう生徒も多いのですが、意外と一生懸命取り組んでいました。

もっとも取り組んでいる問題がテストに出ると伝えてあるので、それがモチベーションになったのかもしれません。

日本史近現代は課題づくりに限界を感じます。

地理もそうですが、教科書抜き取り型が多くなってしまいます。



《4時間目 地理B「農業」農業の分布①》

課題:農業の分布について、自分の言葉で説明できる。

40人中0人がマグネットを移動。2時間ものの課題なので問題無し。

 

教科書抜き取り型の課題ではなく、意見をぶつけ合って考えていく型の課題。

目標がいまいち明確ではない分、混乱する生徒たち。

 

そんな中、いろんなところで深く学んでいそうな気配。

クラスは学びの温度差がある。

授業の最後に、近くの人ができているのにそれをほっておくなんてもったいないよ、ということを語る。

元から活動的な集団なので、次の時間に進むのかな?と思い、見守ることにする。

 

と思っていたら、授業にストレスを感じている生徒がいたことが判明。

ということで急遽昼休みに個人面談。

原因は「わからない」ことが続いていることだった。

個人補習とプリントの事前配布、自分のペースで学ぶのはどうか、ということで落ち着く。

しばらく腰を据えて向き合う必要がありそう。

 

《5時間目 地理B「農業」農業の発展》

課題:農業の発展について、自分の言葉で説明できる。

40人中34人がマグネットを移動。

今日すでに授業を終えた数クラスを見て、再度語りの必要性を感じた。

なので改めて、学校とは…一人も見捨てないとは自分にとって得…という話をした。

 

その甲斐あってか、学びに前向きな雰囲気で1時間が過ぎた。

もりもり学ぶクラスである。

7人のうち、学習に上手く入れず終わらなかった生徒は3人。

それ以外は、納得できなかったのでマグネットを動かさなかった。

 

こういう生徒たちに集団としてフォローしようという動きが見られる。

生徒間の関係性も悪くないのだろう。

 

特に1学期に一人でやっていた生徒が、あれこれ考えながら教えあったり関わりあったりしてるのを見るとジンとくる。

一人も見捨てない文化を根付かせることができそうなクラスなので先が楽しみ。

10/10授業

午前と午後の一コマずつで、あとは学年・分掌の会議で埋まってました。

 

④地理B 環境問題 最終コマ

4人1班で指定された環境問題について調べ(原因・影響・対策)、模造紙で5分の発表を行う授業です。

授業はすべて図書館で行い、司書さんから情報収集・活用・整理についてのレクチャーを最初に受けました。

調べ学習は情報カードを活用し、生徒が情報を適切に使用できるようなアイテムを用意しました。

この日のクラスは最後の発表部分でした。

4人1班という強制力が働き、協働している様子が見られました。

ポスターをすべて絵でまとめ、口頭で説明を補っていくなど、高度な発表も見られました。

 

ただ体育祭を挟んでの発表だったので、いまいち雰囲気が浮き足立っているような様子でした。

いろんな状況に授業や学びが影響を受けるのだな、と改めて感じました。

 

⑤地理B 農業 2コマ目

課題は「農業の分布について、自分の言葉で説明できる」でした。

この課題は書く量も考えることも多いので2時間続きの課題にしています。

自給的農業が主にアジア・アフリカに、商業的農業が主にヨーロッパに、企業的農業が主に新大陸に、それぞれの農業がなぜその地域に偏って分布しているのか、その背景と理由を考えてもらいました。

これまでの課題が、教科書の抜き取りが多かったのです。

しかし今回の課題は、教科書の様々な場所から情報を集めて多角的に考察しなければできません。

この点難しさを感じるようで、答えがイメージできないと不満を口にする生徒が多くいました。

が机間巡視して進捗を確認すると、随分と良く書けている生徒が多かったです。

周りの力をうまく活用できていないこと、難しくても突破の糸口は近くにあることを最後に語りました。

 

授業の最後に近くの人とプリントを交換してもらい、それが本当だよということを体感してもらいました。



学びを生徒のものにするときに、課題をこちらから下ろすのは違和感を感じてきました。

川越『学び合い』の会の振り返り

第1回川越『学び合い』の会が終わりました。


参加者27名と想定を大きく上回り、初めてお越しいただいた方も多くいらっしゃいました。


遠くは長野県、千葉県木更津から。
勤務校からは企画者とは別に3名もの参加がありました。


本当に多くの方にお越しいただきまして、嬉しく思います。
と同時に、自分自身の至らない点が多かったことが悔やまれます。

 

川越に『学び合い』の会を開こうと思い立ったのが春先。
茶話会を含め、2回開くことができました。


今回、嬉しかったことが沢山あります。
その一つが、川越で『学び合い』の会があるととても参加しやすい、と多くの方に声をかけてもらったことです。
もう一つが、『学び合い』実践者でない方から、目指している方向が同じだから興味を持ったと言ってもらえたことです。


川越『学び合い』の会が、いろんな人を紡ぐ場所に。
紡がれた人たちが、各々でいきいきできるように。
そしてそれが自分たちの仕事や生活を少し変えたらいいな、そんな想いでスタートした川越『学び合い』の会。


わずかばかりの手応えを感じ、嬉しい気持ちになりました。

 

肝心のこれからの実践について、会の中で考えた事です。

生徒自らが学びを掴み取るような場を作る。
課題を与えられるのではなく、見つけていく学びを実現する。

これにしばらく向き合っていこうと思います。

 

次の川越『学び合い』の会は1月21日(日)です。
次はもっともっと素敵な会になると思います。もちろん理由もちゃんとあります♪

ぜひいろんな方にお越しいただければと思います。


重ね重ね、ご参加いただいた皆様ありがとうございました。