まわりみちしながら進む

30歳・男・教育関係勤務がダラダラ書くやつ

【バスケ】飛距離は出せるようになったが…

〔昨日の続き〕

・シュートフォーム改善に取組んでいる。

・3Pが届かなかったが、それは体の使い方の問題であると考えた。

・シュートの軸を作ることに取り組んだ結果、腕の使い方で問題があるとわかった。

・冨樫選手の指導に則り、顔の横でボールをセットするようにフォームを改善した。

・飛距離が伸びるようになり、楽に打てるようになった(イマココ)

 

 

〔5月18日の取組〕

今日は、昨日の収穫を引き続き生かすことができるかどうか、を材料にシューティングを行った。

 

結論としては、「飛距離は出るようになったが、安定性に欠けている」状態に今置かれている。

 

つまりは、飛ぶことは飛ぶが、左右にぶれたり、飛距離のコントロールが上手いこといかないのだ。

 

 

体を使って飛ばすことの感覚はつかめたので、この感覚を生かしたまま安定的にシュートを打てるようにすること、を次の当面の目標に設定することにした。

 

そのための方策としては以下を検討します。

①距離を短くし、腕の使いかた、体の使い方を意識したシューティングを増やす。

②無理して3pを打たない。フォームを固める

 

3pより1歩手前の距離で、50本中40本イン(ハードル低いか)を当面の設定目標にしたいと思います。

 

フリーで8割だったらまずまずかな?