まわりみちしながら進む

30歳・男・教育関係勤務がダラダラ書くやつ

【集団づくり】フタコブラクダのクラス状態

担任クラスが2極化しつつあります。

 

 

勉強ができる集団とそうでない集団

授業で私語をしてしまう集団の形成

掃除で一生懸命取り組む生徒とそうでない生徒

 

 

望ましくないのは明らかです。

 

集団形成の考え方で、集団を2:6:2で分けて考えるという考え方があります。

 

前向きな集団2割、中間層(どちらかに流れる可能性のある集団)6割、消極的、むしろ否定的な集団2割。

 

否定的な2割はどうやってもなかなか動きません。

いや、動くには動きますが大変な労力を必要とします。

 

集団を変えていくには中間層の6割を動かすこと、これが肝心です。

 

 

担任クラスには2割の否定的集団が存在します

 

 

こうした生徒の雰囲気に6割が引っ張られつつあります。

しかし、もし全体がそちらに傾いた場合大変な損になるでしょう。

6割にとって、2割の生徒をどうするかは利害関係が生じているのです。

 

この現実をそのまま伝え、集団形成をもう一度やり直したいと思います。