まわりみちしながら進む

30歳・男・教育関係勤務がダラダラ書くやつ

【部活指導】3年生が引退しました。新チームの始動です。

本日の試合で自チームが惜敗したため、3年生は引退することになりました。

 

思えば赴任して5年、様々な形のチームを見てきました。

今までで最も主体的で、協働的で、対話的なチームだったと思います。

 

練習メニューは自分たちで考え、

チームの修正点を指摘し合い、

どの部活よりも声を出して盛り上げ、

他の職員から「今年はなんかすごい声が出てるね」との言葉をもらい、

後輩の指導にも力を入れ、

率先して3年生が部の仕事に取り組み、部の模範生徒であり続けました。

 

特に部長のS君には、尊敬と感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 

こんなチームが形成できたのは、もちろんマンパワーに依るところが大きかったのですが、それ以外にも要因はあると思います。

 

・部全体が自由に意見を言い合える雰囲気があった。

・部員が抜けるというアクシデントがあったが、それを機会に部内での対話が進んだ。

・その結果、チームをどうしたいかを全員で考えることができた。

・技術力には大きな差があったが、初心者でもお互いにサポートし合う風土があった。

・教員が指導を緩やかに手放し、メニューを考えさせた。

 

誰のためのチームで、何のために部活動を行うのか、という問いに関わる出来事かなと思いました。