まわりみちしながら進む

30歳・男・教育関係勤務がダラダラ書くやつ

川越『学び合い』の会の振り返り

第1回川越『学び合い』の会が終わりました。


参加者27名と想定を大きく上回り、初めてお越しいただいた方も多くいらっしゃいました。


遠くは長野県、千葉県木更津から。
勤務校からは企画者とは別に3名もの参加がありました。


本当に多くの方にお越しいただきまして、嬉しく思います。
と同時に、自分自身の至らない点が多かったことが悔やまれます。

 

川越に『学び合い』の会を開こうと思い立ったのが春先。
茶話会を含め、2回開くことができました。


今回、嬉しかったことが沢山あります。
その一つが、川越で『学び合い』の会があるととても参加しやすい、と多くの方に声をかけてもらったことです。
もう一つが、『学び合い』実践者でない方から、目指している方向が同じだから興味を持ったと言ってもらえたことです。


川越『学び合い』の会が、いろんな人を紡ぐ場所に。
紡がれた人たちが、各々でいきいきできるように。
そしてそれが自分たちの仕事や生活を少し変えたらいいな、そんな想いでスタートした川越『学び合い』の会。


わずかばかりの手応えを感じ、嬉しい気持ちになりました。

 

肝心のこれからの実践について、会の中で考えた事です。

生徒自らが学びを掴み取るような場を作る。
課題を与えられるのではなく、見つけていく学びを実現する。

これにしばらく向き合っていこうと思います。

 

次の川越『学び合い』の会は1月21日(日)です。
次はもっともっと素敵な会になると思います。もちろん理由もちゃんとあります♪

ぜひいろんな方にお越しいただければと思います。


重ね重ね、ご参加いただいた皆様ありがとうございました。